概要#

Qamuyは、量子化学のための量子コンピューティングクラウドです。 Qamuyを使用することで、様々な物性値を量子アルゴリズムで簡単に計算することができます。 近い将来の量子デバイスで実行可能な最先端の量子化学アルゴリズムが実装されています。

Qamuyの主な特徴は以下の通りです。

  • 豊富な アルゴリズムの選択と指定が可能

  • 化学で使用される物理量の出力

  • 高性能シミュレータおよび量子デバイス実機(近日対応予定)を利用可能

  • 化学者にとって使いやすいインターフェース

  • 産業応用に関連したサンプル(近日公開予定)

    • 分子動力学

    • 振動周波数解析

    • 光化学スペクトル

Qamuyの仕組み#

Qamuyの構成#

ユーザーは、計算対象の化学系・量子アルゴリズムの選択といった高レベルの入力データを、クライアントツールを使ってQamuyのクラウドサーバーに送信します。これらの入力は対応する量子回路に変換され、クラウド上の高性能シミュレータまたは量子コンピュータ実機上で実行されます。

量子回路の実行後、デバイスでの測定結果・シミュレーション結果はクラウド上で解析され、量子アルゴリズムの評価に役立つ情報を付加した上でユーザーに返却されます。

Qamuyの構成図

Qamuyの構成図#

Qamuyを使用する#

Qamuyは、量子コンピュータを使用した化学計算のシームレスなワークフローを提供します。量子アルゴリズムをテストするための典型的なシナリオは以下のようになります。

  1. 実験に使うアルゴリズムとパラメータをシミュレーター上で選択する。

  2. サンプリングシミュレーションを使って、アルゴリズムをさらにテストする。

  3. 選択したアルゴリズムを使用して、量子コンピュータ実機上で計算を実行する。

  • Qamuyを使い始めるには、スタートガイドを参照してください。

  • Qamuyをコマンドラインツールとして使い、YAMLまたはJSON形式で指定された計算を行うことができます。

  • また、QamuyをPythonライブラリとして利用し、SDK機能を利用してPythonスクリプト内で計算を実行することもできます。

  • 入出力データの詳細な仕様については、入力データ出力データを参照してください。