Post HF methods#

このセクションではシミュレーターと比較するためのPySCFによる計算を指定します。 エネルギーやその他の物理量の計算が可能です。詳細は Output chemical properties セクションをご覧ください。 num_excited_statesが1以上に設定されているとき、CASCI, CASSCFおよびCISDでは電子励起状態についても計算を行います。

以下の手法が選択できます。

  • MP2

  • CISD

  • CCSD

  • CASCI

  • CASSCF

  • FCI

CASSCFに関しては電子励起状態計算の手法を以下から選択できます。

  • STATE_AVERAGED: デフォルト。各電子励起状態に対して均等な重みをかけます。

  • STATE_SPECIFIC

注意#

  • CISDはdensity fitting近似が使用できません。

  • CCSD以外では、density fitting近似を有効にした場合、原子核座標による1階微分計算ができません。

  • 周期境界条件を課した系では MP2, CCSD, CASCI (基底エネルギーのみ) に対応します。

入力例#

"post_hf_methods": [
    {"type": "MP2"},
    {"type": "CISD"},
    {"type": "CCSD"},
    {
        "type": "CASCI",
        "excited_state_type": "STATE_AVERAGED"
    },
    {
        "type": "CASSCF",
        "excited_state_type": "STATE_SPECIFIC"
    },
    {"type": "FCI"}
]